無駄な支出削減 節約

無駄な支出を減らす

SPONSORED LINK

 

資産運用を行うにあたって、「純利益(収入−支出)」が大切になってきます。

 

ただ、純利益(収入−支出)を確保するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まず考えられるのは収入を増やすことですが、これは一部の人を除いてすぐに成果を出せる人は多くはないでしょう。

 

一方、支出を減らすことは誰にでもできることです。無駄な支出を減らし十分な利益を確保することなら比較的簡単に始められると思います。

 

つまり

 

50万円の収入に対して、60万円の支出であれば、マイナス10万。

50万円の収入に対して、50万円の支出であれば、プラスマイナス0。

50万円の収入に対して、40万円の支出であれば、プラス10万。

 

このように収入は増えなくても、支出を減らしていくことができれば、どんどんとお金を貯めることができます。

理想の家計割合・プロポーション

20代で知っておきたいお金のことによると、手取り年収における理想の家計プロポーションは以下の通りになっています。

 

項目 割合
固定費(家賃、保険料) 30%
変動費(食費、交際費、etc) 30%
教育費・自己投資(自分、もしくは子供への投資) 20%
貯金・投資 20%

 

家計の出費について、何にいくらくらい使えば妥当なのか判断がつかない時には、こちらの数字を参考にしてみるのも良いかもしれません。

支出を減らすなら費用対効果が高いものを選ぶ

支出を減らそうと考えているときに注意しなければいけないのは、小さいところをチマチマ改善するのでは効率が悪いということです。

 

つまりお酒やタバコ、娯楽費を削っても費用対効果は思っているほど高くはなりません。

 

そこで家計の支出に大きく関わっている「3大要素」と言われている

 

住宅費

生命保険

自動車関連費

 

から改善していくのがもっとも効率的と言えます。

 

SPONSORED LINK

節約力をアップさせるおすすめ本

無駄な支出を減らして貯蓄力をアップさせる方法記事一覧

住宅費を見直して無駄な支出を減らす

家計の最大の支出は住宅費です。一般的に、年収の20%程度が住宅ローンや家賃の支払目安と言われています。年収600万円ならば住宅費は120万円あたりになるでしょうか。住宅費をいかに抑えるかが、純利益確保に大きく関わってきます。既に住宅ローンを抱えてしまっている人は、ローンの借り換えによって金利が有利に...

≫続きを読む

 

生命保険を見直して無駄な支出を減らす

生命保険は、住宅費の次に高い支出になることを知っていますか?「1日コーヒー1杯分の料金で充実の保証」などの謳い文句がありますが、一生涯に支払う金額はかなりの額になります。ちなみに2009年度の生命保険全国実体調査結果によると1世帯の年間保険料は45.4万円になります。例えば、20歳〜65歳まで45年...

≫続きを読む

 

自動車維持費を見直して無駄な支出を減らす

無駄な支出を減らすためには、住宅費と保険費用とを抑える必要があります。その他に、節約の効果が高いと言われているのが自動車関連の費用です。車の購入費ガソリン代車検代パーツ代駐車場代自動車保険費自動車税整備費など、利用状況や環境によって幅がありますが、自動車に掛かる年間コストはおよそ50〜80万円くらい...

≫続きを読む

 

投資信託|セゾン投信




ホーム じぶん年金 投資ブログ Twitter お問い合わせ